大人ニキビケア方法|中年男性でも保湿は重要

若い頃はニキビにはニキビで悩む事はありませんでした。学生時代、周囲の友人はニキビに悩まされていましたが、私はニキビができない事で友人達にはうらやましがられているくらいでした。
そんな私に初めてのニキビができたのは30歳を過ぎた頃のことでした。
年を経るにつれ、体型もどんどん中年男性のものに近づいている事は自覚していましたが、突然ニキビができはじめたので大変驚きました。

 

ニキビができた最初の頃は、「自分はもともとニキビはできにくいはずだから、そのうち治るだろう」と考えそれらしい対処は一切しませんでした。洗顔をより念入りにするようになったくらいです。
しかしニキビは一向に治る気配を見せず、赤くなって大きくなり破裂し、さらなるニキビができるようになりました。

 

これではいけないと思い、ニキビについて調べたところ、大人ニキビという症状があることを知りました。

 

私は30歳を過ぎた頃から、顔に皮脂が溜まりベタつくようになっていましたので、男性用の刺激が強い洗顔剤を購入し、起床時、帰宅時、就寝前と洗顔をするようにしていました。
また日中は顔を洗うことができないため、顔の油脂を拭き取るために持ち運びできる男性用の洗顔シートを持ち歩き、外出先のトイレなどで顔の皮脂を拭き取るようにしていました。
今思えばこれは過剰な肌ケアで肌を乾燥させてしまっていたということに気づきました。実際、脂性なのかもと思っていた自分の肌ですが、頬や顎周りなどは洗顔後カサカサとしており、乾燥肌と化していました。
大人ニキビができてしまうのがこのカサカサしたところが中心でしたが、油っぽくない部分がむしろニキビができやすくなっていたという事に驚いたものです。

 

大人ニキビの事を知った私はニキビというのはアクネ菌が増殖して発生するもので、ニキビの予防には洗顔後の保湿が必要だということがわかりました。
化粧水で肌を保湿すると、アクネ菌の増殖が抑えられることがわかりました。さらに男性が使用する場合でも、コラーゲンやヒアルロン酸が配合されている化粧水が保湿効果が高くニキビ予防に効果的だということがわかり、男女共用で使用できる化粧水を購入し、洗顔の直後に塗布するようにしました。

 

このように毎日3回の洗顔と化粧水の塗布をするようになって1年以上が経過し、現在では大人ニキビができることはなくなりました。
ただ気を抜いてニキビケアを忘れると、一晩でニキビができてしまうため、ニキビケアを続ける必要性を感じています。